ちょっとミニッツドリフトのセッティングをしてみた

年末忘年会もようやくあと1回、なんとか乗り切ったPataボスです(汗

画像


細々と続けているミニッツドリフト。
実のところ、ある程度までは良い感じだったんですが、
中々思うように1/10と同じようにならなくて、どうしたものか・・・と思ってたんですが、
ようやく、弱ケツカキ状態で1/10と同じように追走できるセッティングが出来ました。

今回威力を発揮してくれたのはICSとEX-6。
ICSのセッティングをいくつか変更。
ニュートラルブレーキ、ニュートラルレンジ、ハイポイント。
この3つは効きました。

それにEX6側でいくつか設定を小変更。

今まで悩んでたのはなんだったのかな・・・って思うくらい、
バシっと走るようになりました。

シャーシ側のセッティングは、
F:ワンウェイ(京商)、Rソリッド(M’s)

フロントサスにSELFCONCEITのスーパーソフト、
リアサスはSELFCONCEITのソフト。

比率はリアにイーグルの26枚を加工で2枚差。

リアハブにアルミ。リアマウントは2-2。キャンバーは実測2°。
フロントはキャンバー0°、トー0°。

後は、オモリです。FCエアロの羽根無しにボディ使用で、
フロントボディマウントに4g。
ボディの一番前の裏側に4g。

これでアンダー消しの弱ケツカキ仕様です。
追走も前後左右でラインを変えれるのでラクチンですw
1/10のケツカキ全盛期に近い動きでしょうかね。
今の1/10は知らないんでわかりません(爆

カウンター維持の転がすセットでは、
M’sのギア使用で比率160%時or190%時は、
リアサスをSELFCONCEITのスーパーソフトに変更。
これでカウンター維持状態で安定してます。
ジャイロは好みで効きを変えてみてますが、今のところ
無しのままのがしっくり来てますw
210%と190%はカーペットだと差がないですが、
フローリングだと190%が今のところ限界・・・(汗

その他オプションでは、アルミギアやモーターマウントや
ブラシレス用スリープをアルミに変えてます。

まだまだですが、自分好みな感じで、いい感じになってきました。

もうすぐ正月休み。バタバタしますが、
次はガレージHIRO製のエアロを使った
ボディ作製をしようと思います。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

ノリジ
2018年06月18日 21:58
今さらですいません

今、ミニッツ MA020VE PRO SP で、つい最近、EX2購入しました

車体は、エムズ Fナロー Rワイド エムズのケツカキ1.6倍使用で、フロント京商ワンウェイです

プロポのケツカキの設定教えて頂けますか?

この記事へのトラックバック